夏の寝苦しい蒸し暑かった時期もおさまり、朝晩、だいぶ涼しくなり、逆に朝は、寒くなって思わず、毛布をかけたくなる季節になりましたが、涼しくなったおかげでぐっすり睡眠が取れる時間も増えたのではないでしょうか?

睡眠というと中々眠れない人、眠れる人といるようですが、眠れていない人、やばいです>_<

良い睡眠は、美と健康をもたらしてくれるからなんです^_^

私達が、寝ている間には、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが働いていて、朝起きて光を目に入れて14〜16時間後に脳深部の松果体から分泌され、心身をリラックスモードにし、自然な睡眠をもたらします^_^

このメラトニンは、良い睡眠だけでなく、強い抗酸化力を持っていてビタミンCやEなどの抗酸化ビタミンよりも上回るほどです^_^

万が一、中々眠れない、寝付けないなどで寝不足状態が続いた場合、メラトニンが減少してしまい、身体の抗酸化力が低下し、活性酸素によりダメージを受けやすくなり、体内の細胞組織の老化が進んでしまいます(-。-;

更に睡眠中には、成長ホルモンが分泌されていますが、子どもの成長にだけ必要と思われがちですが、実は大人の美容と健康にかなり重要でダメージを受けた細胞の修復、再生、肌のターンオーバーを正常化してアンチエイジング効果を高めてくれ、天然の美容液と言われています(^-^)

では、眠れている人、眠れていない人の特長についてお話ししていきたいと思います(^-^)

まず、最初にぐっすり眠れている人の特長は、生き生きして健康そうで、仕事や活動もテキパキとこなし、お肌の状態もハリ、弾力が良く、ダイエット効果もあります(^-^)

次に眠れていない人の特長はというと表情が乏しく疲れてやつれた顔で、仕事では単純ミスが多く、パフォーマンスが低下しやすく、お肌にハリ、弾力がなく、太りやすくなります(^_^;)

深くしっかり眠れたという感覚を熟睡感といーますが、熟睡感が得られない睡眠を続けていると見た目に影響も出て顔の印象が悪くなってしまいます(-。-;

しっかり熟睡感が得られていれば、知的な印象を与えるので、ここぞという大事時には、相手に好印象を与えてくれるようです(^-^)

更に熟睡感のある睡眠をしっかりとっていれば、食欲中枢が整い、正しい食生活が出来るようになるので身体の代謝も良くなり、痩せやすくなり、ダイエット効果も期待大なんです(^-^)

これまで成長ホルモンは、夜10時から深夜2時迄がお肌のゴールデンタイムと言われてきましたが、最近の研究により、新ゴールデンタイムは深夜0時から朝6時であり、この時間にかぶせて7時間の睡眠が理想的になったようです(^-^)

成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのは、その夜最初に訪れる深い眠りの時であり、成長ホルモンは、メラトニンによっても分泌が促されるので成長ホルモンもメラトニンも両方の恩恵を受けるには、メラトニンの分泌量が多くなる深夜1時から3時に深い眠りに入っているのが一番なので日付が変わる深夜0時に就寝し、7時間眠ることがオススメです(^-^)

睡眠の仕方一つでこんなのに簡単に更にお金をかけずともダイエット効果もあり、アンチエイジングも出来る睡眠、しっかりと見直す必要がありますね(^-^)

良い睡眠をしっかりとっていることが、最強のアンチエイジングとも言えますよ(^-^)

睡眠時間こそ、美と健康を作る大切な時間と言えるので、しっかり深い良い睡眠をとる努力して生き生きとした良い生活を過ごしていきましょう(^-^)